(中文) 02-2876-8477

(日語) 02-2876-0608

メンバー紹介

● 校 長 ご 挨 拶

 

皆さん

こんにちは!

 

私は日本で30年以上、塾の講師として仕事をして参りました。その間、教室長や複数校舎を統括するマネジャーとして常に教育の世界に身を置いております。

 

小学生から高校生まで数多くの生徒たちと出会い、一人ひとりの伸びゆく可能性の素晴らしさに触れ、何度も大きな感動を経験しました。そしてたくさんの生徒たちと心の絆を結ぶことができたと考えています。

 

次は台湾で日本語を学ぶ生徒たちと、国籍や文化を越えて心の絆を結んでいきたいと思います。

 

アニメやゲーム、電気製品、自動車などを通して日本の事を知っている方も多いのではないでしょうか。

日本語学習によって、さらに日本の文化や歴史を学び、より深く日本のことを理解してもらえたら私はとても幸せです。

 

未経験の方でも大丈夫です!

私達と一緒に楽しく日本語を学んでいきましょう。

● 講 師 ご 挨 拶

★ MM先生
こんにちは。創英(そうえい)日語(にちご)教室(きょうしつ)ではクラス(くらす)によって様々(さまざま)な授業(じゅぎょう)を行(おこな)っています。授業(じゅぎょう)以外(いがい)にも、毎月(まいつき)季節(きせつ)に合(あ)わせた活動(かつどう)をしており、台湾(たいわん)にいながら日本(にほん)の文化(ぶんか)も学(まな)ぶことができますよ。
私達(わたしたち)と楽(たの)しく日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)しませんか!?

 

★ II先生
皆さんはじめまして、こんにちは。
2013年に日本語教師養成講座を修了し、台中で日本語教師のインターンを経験しました。学習者の母国語を学ぶことが教授の際大きな助けになると思い、台北教育大学の語学センターで中国語を学びました。
私はいつも生徒の皆さんが主役の授業を心がけています。
楽しくたくさん話してもらえるようにサポートするのが私の仕事です。
外国語を勉強することは自分の世界が広がることにつながります。
皆さんの人生がより一層充実したものになるように少しでも力になれたら幸いです。

 

★ SW先生
こんにちは。創英日語教室では、毎月季節に合わせた活動をしています。日本語だけでなく、日本の文化も学ぶことができます。お正月には年賀状を書いたり、夏には浴衣を着たりします。日本語を勉強しながら楽しい思い出も作りましょう!
創英日語教室には子供から大人までさまざまな学生がいます。ひらがなを覚えるところからスタートした学生が、習った日本語で上手に会話ができるようになるのを見ると、とてもうれしくなります。
最近楽しかったことや、台湾のおすすめの場所など、学生から教えてもらうことも多く、とても楽しいです。
一緒に楽しく日本語を勉強しましょう!

 

★ MI先生
こんにちは。私たち創英日後教室では、毎月教室の装飾が変わったり、季節ごとにイベントをしています。
日本語の勉強だけでなく、日本文化を体験することもできます。
子供から大人までたくさんの生徒が楽しく勉強しています。
ぜひ私たちと一緒に日本語を勉強しましょう!

 

★ AB先生

みなさん、こんにちは。
わたしは東京出身で、長野県に長く住んでいました。高い山があり自然が豊かで、果物がおいしいところです。ウインタースポーツも盛んで、スキーやスノーボードなどが楽しめます。
アジアを旅することが好きで、台湾へも何度か旅行で来たことがあります。日本語を熱心に学んでいる方々に出会い、親切にしていただいたことから、台湾で働きたいと思うようになりました。
また、わたしも台湾華語の学習者です。新しい言葉を学ぶのは難しいですが、台湾の文化への理解が深まるのはとても楽しいです。
みなさんにも、日本語の勉強を通して、日本の魅力を発見してもらえるよう、いろいろなことをお伝えしていきたいと思います。どうぞ気軽に声をかけてくださいね。
一緒にがんばりましょう!

★ KD先生


みなさん、こんにちは。
私たちの学校では、日本語の勉強だけでなく、日本の文化も体験できます。
出身地の違う先生方が集まっていますから、ぜひたくさん話して、日本についてもっとたくさん知ってほしいです。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

★ TM先生

1996年に書道を始め、その後2013年で師範免許を取得する事ができました。
日本財團法人書海社師範、日本書海社展幹事を経て、現在は台北日本人學校書道部、台灣日本人會書道班の講師を担任しています。文字で一人の性格を見えると言う諺があります。
授業を通して書道の素晴らしさ伝えていきたいと思います。

受賞歴:
日本書海社展特選賞二回、準推薦賞一回、推薦賞一回、獎勵賞一回、日本讀賣書法展秀逸賞二回、入選二回!